ページの先頭です

Mizuho RT EXPRESS

【不定期】最新の経済、金融、政策動向のポイントを短時間で把握できるよう解説した速報性が高いショートリポートです。

最新リポート

2024年3月27日
[Mizuho RT EXPRESS]変革を迫られる日本企業〔要約版〕 ─ 金融政策が転換する時代のリスクとチャンス ─
2024年3月22日
[Mizuho RT EXPRESS]「金利のある世界」へ踏み出した日銀 ─ イールドカーブ・コントロールやマイナス金利政策を解除 ─
2024年3月22日
[Mizuho RT EXPRESS]次の米銀ショックに備えて ─ 階層クラスタリングによるリスク行の識別 ─
2024年3月22日
[Mizuho RT EXPRESS]「金利のある世界」で一変する企業の経営環境 ─ 固定費増加が促す、高付加価値経営への転換 ─
2024年3月21日
[Mizuho RT EXPRESS]Bumpyな物価安定への道 ─ 3月FOMCは年内3回利下げ見通しを変えず ─
2024年3月14日
[Mizuho RT EXPRESS]長引く物価高で家計負担はどうなる? ─ 24年度は前年を上回る賃上げや所得税減税で明るい兆し ─
2024年3月11日
[Mizuho RT EXPRESS]容易ではない「+5.0%前後」の達成 ─ 中国が全人代を開催、成長目標は前年同水準に ─
2024年3月11日
[Mizuho RT EXPRESS]好景気下の米消費者心理低迷という謎 ─ 物価高、高金利、先行き不安、コロナショック ─
2024年3月1日
[Mizuho RT EXPRESS]米国:最低賃金引き上げの経済効果 ─ 2024年は個人消費を70億ドル押し上げ ─
2024年3月1日
[Mizuho RT EXPRESS]ChatGPTによる経済事象・因果関係の抽出 ─ 景気ウォッチャー調査の解析と決算短信への応用 ─
2024年2月29日
[Mizuho RT EXPRESS]政策が支える中国・香港の株式市場 ─ 全人代の経済対策に注目集まる ─
2024年2月28日
[Mizuho RT EXPRESS]中国の対内直接投資急減の実相 ─ 中国企業の海外資金調達減少も一因 ─
2024年2月28日
[Mizuho RT EXPRESS]欧州における労働時間減少の背景 ─ 高学歴層などで労働時間の削減志向強まる ─
2024年2月27日
[Mizuho RT EXPRESS]ドル円見通しを上方修正 ─ 再びの1ドル=150円、高まる介入警戒感 ─
2024年2月26日
[Mizuho RT EXPRESS]拡大が続く日本の「デジタル赤字」 ─ 2023年経常収支は改善も、今後はIT関連の対外支払増が重石 ─
2024年2月20日
[Mizuho RT EXPRESS]中東情勢悪化と欧州経済 ─ 真に警戒すべきは資源価格の上昇 ─
2024年2月14日
[Mizuho RT EXPRESS]デフレ圧力に直面する中国経済 ─ デフレ回避の見通しだが、需要不足が続けば要注意 ─
2024年2月1日
[Mizuho RT EXPRESS]日銀は「遠くない将来」にマイナス金利解除へ ─ 1月の「主な意見」にみられる解除の気配 ─
2024年1月30日
[Mizuho RT EXPRESS]新NISA、ドル円への影響は限定的と予想 ─ 金利差に勝る材料にはなり難い ─
2024年1月23日
[Mizuho RT EXPRESS]2024年の日本株は総じて堅調と予想 ─ ただし、年半ばに一時的に弱含み ─
2024年1月18日
[Mizuho RT EXPRESS]台湾総統選挙は与党が政権維持 ─ 台湾の「現状維持」は不変も、両岸関係は緊張高まる懸念 ─
2024年1月17日
[Mizuho RT EXPRESS]ラストワンマイルに潜む財政・金融政策ジレンマ ─ インフレ圧力残存と高政府債務残高で難易度を増す政策運営 ─
2024年1月16日
[Mizuho RT EXPRESS]米長期金利は低下後、3%台後半に収束へ ─ タームプレミアムの押し上げ圧力は徐々にはく落 ─
2024年1月10日
[Mizuho RT EXPRESS]政策変更を巡り注目される日銀の情報発信 ─ 2024年4月のマイナス金利解除を予想 ─
2023年12月28日
[Mizuho RT EXPRESS]2024年のドル円、120円台への円高を予想 ─ 2024年の論点・シナリオを整理する ─
2023年12月27日
[Mizuho RT EXPRESS]NISA“新時代”の展望 ─ 現行NISAの評価と新NISAへの示唆 ─
2023年12月25日
[Mizuho RT EXPRESS]「金利のある世界」は一様ではない ─ 中央経済工作会議を開催、2024年の経済運営方針を決定 ─
2023年12月20日
[Mizuho RT EXPRESS]中国は財政を「適度に」拡大し景気下支えへ ─ 中央経済工作会議を開催、2024年の経済運営方針を決定 ─
2023年12月18日
[Mizuho RT EXPRESS]2024年トップリスク ─ 戦後国際秩序の崩壊が進み、リスクが多様化・複合化 ─
2023年12月18日
[Mizuho RT EXPRESS]2024年春闘賃上げ率の見通し ─ 2年連続で高水準となるも、実質賃金プラス転化は遠い ─
2023年12月15日
[Mizuho RT EXPRESS]インバウンドの政府目標は達成可能か ─ オーバーツーリズム対策と高付加価値化が急務 ─
2023年11月30日
[Mizuho RT EXPRESS]通貨安と資源高を背景に 引き締めを再強化したアジアの金融政策
2023年11月29日
[Mizuho RT EXPRESS]AI-Fedウォッチャーの誕生? ─ ChatGPTはどこまでエコノミストに迫れるのか ─
2023年11月21日
[Mizuho RT EXPRESS]難題に直面する伊メローニ政権 ─ 難題に直面する伊メローニ政権 ─
2023年11月10日
[Mizuho RT EXPRESS]物価目標実現へ徐々に縮まる距離 ─ YCC運用の再柔軟化や展望レポートに表れた日銀の認識 ─
2023年11月7日
[Mizuho RT EXPRESS]米国の逆イールド縮小をどうみるか? ─ 逆イールドは再び拡大へ。歴史的な長期化予想は不変 ─
2023年11月6日
[Mizuho RT EXPRESS]政府の経済対策の効果をどうみるか? ─ GDPを0.9%程度押し上げ。物価高対策は「出口戦略」が鍵 ─
2023年10月27日
[Mizuho RT EXPRESS]日銀の政策修正が円高に寄与する可能性 ─ 金利差への影響は軽微だが、投機筋の動向に作用も ─
2023年10月18日
[Mizuho RT EXPRESS]日本経済「金利2%時代」を振り返る ─ 当時との最大の違いは日銀の国債保有 ─
2023年10月17日
[Mizuho RT EXPRESS]世界経済の減速感を強める2つの「長期化」 ─ 米欧の金融引締めと中国の不動産部門調整が需要を抑制 ─
2023年10月13日
[Mizuho RT EXPRESS]ユーロの脅威は天然ガス急騰にあり ─ ユーロドル相場のリスクシナリオ ─
2023年10月11日
[Mizuho RT EXPRESS]インフレ動向の日米欧比較 ─ グローバルインフレ後の賃金・価格設定行動のノルムの違い ─
2023年10月3日
[Mizuho RT EXPRESS]小刻みな調節が続く中国の金融政策運営 ─ 中国人民銀行はなぜ大規模な金融緩和に慎重なのか ─
2023年9月29日
[Mizuho RT EXPRESS]厳しい局面が続く中国経済 ─ 景気底割れは回避も、不動産の低迷が続く ─
2023年9月29日
[Mizuho RT EXPRESS]米長期金利は2024年にかけ低下も高止まり ─ 足元は16年ぶりの高水準。実質金利が押し上げの主因に ─
2023年9月22日
[Mizuho RT EXPRESS]日銀がマイナス金利解除に慎重な理由 ─ 景気変動を均した平均インフレ率は2%に届かず ─
2023年9月19日
[Mizuho RT EXPRESS]不振が続くドイツ経済 ─ エネルギー問題の長期化で懸念される製造業の「空洞化」 ─
2023年9月13日
[Mizuho RT EXPRESS]1ドル=150円台なら為替介入に現実味 ─「ファンダメンタルズでは説明できない動き」の真意 ─
2023年9月13日
[Mizuho RT EXPRESS]日本株は、2023年内は底堅さを維持へ ─ 鍵を握るのは、円安・ドル高の持続性 ─
2023年9月12日
[Mizuho RT EXPRESS]交易条件の日米欧比較と実体経済への影響 ─ 資源価格の再上昇がインフレ・金融政策をかく乱 ─
2023年8月29日
[Mizuho RT EXPRESS]半導体株は「生成AI一人勝ち」ではない ─ 米半導体銘柄の企業業績、9割が市場予想を上回る ─
2023年8月18日
[Mizuho RT EXPRESS]米国のインフレ収束への逆風 ─ 原油価格上昇はコアCPIを間接的に押し上げ ─
2023年8月17日
[Mizuho RT EXPRESS]物価上振れへの警戒感を強めた日銀 ─ YCC運用の柔軟化で将来の副作用を未然に軽減 ─
2023年8月2日
[Mizuho RT EXPRESS]利上げ効果は一部発現もコア物価は下げ渋り ─ ECBは利上げ休止に言及も決め手はまだ得られず ─
2023年8月2日
[Mizuho RT EXPRESS]中国からの訪日客激減の背景と23年の見通し ─ 団体旅行の10月再開で約100万人上振れと試算 ─
2023年8月2日
[Mizuho RT EXPRESS]次の焦点はマイナス金利解除の時期 ─ 平均インフレ目標ルールが金融政策正常化の指針に ─
2023年8月1日
[Mizuho RT EXPRESS]ドル円の材料は日米金利差だけではない ─ 金利差以上の円高は、米国株の混乱が契機に ─
2023年8月1日
[Mizuho RT EXPRESS]習近平政権はなぜ景気刺激策を打たないのか ─ 経済政策を巡る政権のスタンスを考察する ─
2023年7月31日
[Mizuho RT EXPRESS]景気の温度差により違いが生じるASEANの金融政策
2023年7月26日
[Mizuho RT EXPRESS]物価上昇局面は転換点を迎えるのか ─ CPI上昇率は鈍化の兆し。家計・企業のノルムは変わらず ─
2023年7月14日
[Mizuho RT EXPRESS]在庫調整にもたつく中国の不動産市場 ─ 過剰在庫による投資の抑制は2024年いっぱい続く試算 ─
2023年7月12日
[Mizuho RT EXPRESS]学生ローンの支払再開は2023年後半の消費下押し要因に ─ 若年層の家計はすでにひっ迫しており、追加的な負担に ─
2023年7月7日
[Mizuho RT EXPRESS]低迷する中国の消費・企業マインド ─ なぜ中国の財消費と民間投資は鈍いのか ─
2023年7月4日
[Mizuho RT EXPRESS]米長期金利は低下後、再び3%台後半へ ─ 米国債市場はデフォルト回避も財政リスクは残存 ─
2023年7月3日
[Mizuho RT EXPRESS]迫る日経平均株価3万4,000円 ─ 再びの「資産バブル」には要警戒 ─
2023年6月30日
[Mizuho RT EXPRESS]為替介入の警戒ラインは1ドル=150円台 ─ 介入実施でも円高圧力は限定的と予想 ─
2023年6月22日
[Mizuho RT EXPRESS]賃上げでも24年度まで実質賃金マイナス継続 ─「値上げ疲れ」懸念で先行きの企業の価格設定は慎重に? ─
2023年6月20日
[Mizuho RT EXPRESS]高水準の賃上げは2024年も続くのか ─ 来年は物価上昇を反映した賃上げ圧力が後退する見込み ─
2023年6月16日
[Mizuho RT EXPRESS]ECBはまだ利上げの手を緩められず ─ 企業の「非線形な価格転嫁」がインフレを押し上げ ─
2023年6月5日
[Mizuho RT EXPRESS]資本市場が突き上げる日本企業の経営改革 ─ 本格的に始動した東証の経営改革要請 ─
2023年5月17日
[Mizuho RT EXPRESS]欧州政治の安定は続くか ─ 懸念される移民・難民問題の再燃 ─
2023年5月12日
[Mizuho RT EXPRESS]中国は追加の景気刺激策に慎重姿勢 ─ 自然体で「+5.0%前後」の成長を目指す構え ─
2023年5月2日
[Mizuho RT EXPRESS]米銀行危機の兆候を探る ─ CRE延滞率及び銀行破綻件数の試算 ─
2023年5月2日
[Mizuho RT EXPRESS]早期政策修正の可能性を残した植田日銀 ─ 日銀・金融政策決定会合(4/27・28)は現状維持 ─
2023年4月26日
[Mizuho RT EXPRESS]1~3月の中国経済はサービス消費主導で回復 ─ 財消費は力強さ欠き、回復ペースの持続性には不透明感 ─
2023年4月7日
[Mizuho RT EXPRESS]3月危機の4つの予兆 ─ 流動性リスクの広がりとソルベンシー・リスクに警戒 ─
2023年3月31日
[Mizuho RT EXPRESS]「リーマン前」に似ている米銀行株の値動き ─ 銀行株の急変動は金融危機に先行する ─
2023年3月30日
[Mizuho RT EXPRESS]「年収の壁」解消の経済効果 ─ 就業者約70万人分の労働時間増加余地 ─
2023年3月30日
[Mizuho RT EXPRESS]政府の物価高対策・賃上げが家計の追い風に ─ 実質賃金は2023年度後半にプラスに浮上 ─
2023年3月29日
[Mizuho RT EXPRESS]コロナ禍でも堅調なソフトウェア投資 ─ 設備投資の本格回復に向けた嚆矢になるか? ─
2023年3月23日
[Mizuho RT EXPRESS]低調が続く中国の輸出入 ─ 特に輸入が大幅減だが、内需回復の失速とは言いきれず ─
2023年3月10日
[Mizuho RT EXPRESS]日本国債の格下げ、日銀の政策転換が契機に ─ 長期国債購入ペースの鈍化が格下げに繋がる懸念 ─
2023年3月7日
[Mizuho RT EXPRESS]物価高による個人消費抑制はいつまで続くのか ─ 2024年まで実質賃金の減少が続き、消費の下押し要因に ─
2023年2月28日
[Mizuho RT EXPRESS]中国のゼロコロナ解除とASEAN経済 ─ 恩恵はインバウンド需要の回復が中心に ─
2023年2月28日
[Mizuho RT EXPRESS]2023年の中国はサービス消費主導で回復へ ─ 不動産投資と輸出は低調で、景気のV字回復には至らず ─
2023年2月10日
[Mizuho RT EXPRESS]米インフレの不確実性はどれほど消えたのか ─ 自動車物価を除く95%は残存 ─
2023年2月7日
[Mizuho RT EXPRESS]今春から中国人訪日観光客の回復本格化へ─ 航空産業やサービス業の人手不足が課題に ─
2023年1月31日
[Mizuho RT EXPRESS]米逆イールドはいつまで続くか?─ イールドカーブと景気サイクルからみた持続性 ─
2023年1月25日
[Mizuho RT EXPRESS]日本の高インフレはいつまで続くのか─ 複合的要因でCPI前年比は2023年度後半には1%台へ鈍化 ─
2023年1月12日
[Mizuho RT EXPRESS]2023年は一段の円高・ドル安進展を予想 ─ 1ドル=120円を割る可能性も ─
2023年1月4日
[Mizuho RT EXPRESS]金融環境の引き締まりで債務不履行が増加へ ─ 米国レバレッジド・ローンのデフォルト率を試算 ─
2022年12月22日
[Mizuho RT EXPRESS]中央銀行の苦悩 ─ 試練の時を迎える2023年 ─
2022年12月19日
[Mizuho RT EXPRESS]2023年春闘賃上げ率の見通し ─ ベアの位置付けに変化の可能性 ─
2022年11月22日
[Mizuho RT EXPRESS]止まらない物価上昇と家計負担増 ─ 2022年度家計負担は+9.6万円、2023年度は+4.0万円 ─
2022年11月21日
[Mizuho RT EXPRESS]高インフレでも粘り腰の欧州経済 ─ サービス業が下支えも、先行きは景気後退不可避 ─
2022年11月4日
[Mizuho RT EXPRESS]中国経済に忍び寄る人口減少の影響 ─ 影響強まる2030年代に向け、残された時間は少ない ─
2022年11月1日
[Mizuho RT EXPRESS]政府の総合経済対策の評価と今後の課題 ─ 2023年度GDPは+1.1%増加。2023年CPIは▲1.3%Pt低下 ─
2022年10月28日
[Mizuho RT EXPRESS]ECBが2会合連続で+75bp利上げ ─ 先行きは金融・財政のポリシー・エラーに要注意 ─
2022年10月18日
[Mizuho RT EXPRESS]人手不足がサービス業の回復の足かせに ─ 価格転嫁力の弱い企業は苦境に。サービスの高付加価値化が鍵 ─
2022年9月26日
[Mizuho RT EXPRESS]ユーロ圏の製造業を見舞う3重苦 ─ 先行き生産は減少に向かう見込み ─
2022年9月22日
[Mizuho RT EXPRESS]円安急進で政府・日銀は動くのか? ─ 為替介入の効果を高めるには日銀も同時に動くべき ─
2022年9月21日
[Mizuho RT EXPRESS]水際対策緩和でインバウンドは回復前倒しへ ─ 2022年度GDPを+0.2%押し上げ。円安抑制効果は限定的 ─
2022年9月16日
[Mizuho RT EXPRESS]長期化の様相を呈する中国不動産の低迷 ─ 8月不動産投資も下げ止まらず ─
2022年9月16日
[Mizuho RT EXPRESS]人件費増加は設備投資につながるか ─ ULCとGDP設備投資比率の国際比較 ─
2022年9月14日
[Mizuho RT EXPRESS]米大企業課税は米企業利益・株価を2%下押し ─ 米インフレ抑制法における大企業課税の影響を日米で試算 ─
2022年9月12日
[Mizuho RT EXPRESS]政府は物価高対策を策定も円安が懸念材料 ─ 燃料油価格等を抑制しても、2022年度家計負担は約8万円増 ─
2022年9月12日
[Mizuho RT EXPRESS]交渉入りした「インド太平洋経済枠組み」 ─ 今後は、ルールの水準、合意時期、参加国に注目 ─
2022年9月12日
[Mizuho RT EXPRESS]円安急進で日本株の行方は? ─ 米株対比で底堅さを維持するも、米逆業績相場に警戒 ─
2022年9月5日
[Mizuho RT EXPRESS]暗雲漂う輸出の先行き ─ 欧米の景気後退や半導体市場の調整が下押し要因に ─
2022年8月29日
[Mizuho RT EXPRESS]楽観論を退けるインフレ力学の3つの教訓 ─ パウエルFRB議長のジャクソンホール講演 ─
2022年8月15日
[Mizuho RT EXPRESS]欧州ガス高は2023年も継続
2022年8月3日
[Mizuho RT EXPRESS]企業の労働需要をどうみるか ─ 雇用保蔵で求人回復は緩やか。省力化で採用ニーズの変化も ─
2022年8月2日
[Mizuho RT EXPRESS]政府の対策を考慮しても物価高の家計負担大 ─ 食品ロス削減など家計の工夫も重要に ─
2022年7月29日
[Mizuho RT EXPRESS]9月0.75%利上げも示唆した7月FOMC ─ 2四半期マイナス成長でも物価安定の回復が最優先 ─
2022年7月29日
[Mizuho RT EXPRESS]ユーロ圏PMIはサービス業も「縮小」間近 ─ 7月はインフレに加え熱波がサービス消費を下押しか ─
2022年7月27日
[Mizuho RT EXPRESS]まだ続く円安。先行きを占う3要因 ─ 22年末にかけ150円を試す可能性。23年以降緩やかな円高 ─
2022年7月22日
[Mizuho RT EXPRESS]ECBが11年振りに利上げ ─ 難局が予想される秋以降のユーロ圏政治・経済 ─
2022年7月22日
[Mizuho RT EXPRESS]中国の若年失業率は高止まりへ ─ 新卒急増で就職環境は一段と厳しく ─
2022年7月6日
[Mizuho RT EXPRESS]日本の「体感実質賃金」は大幅マイナス ─ 「値上げ許容度DI」も低下。賃上げ促進が急務 ─
2022年6月30日
[Mizuho RT EXPRESS]長期金利の上振れ余地にG7内で格差 ─ 米国長期金利の上振れ余地は限定的 ─
2022年6月29日
[Mizuho RT EXPRESS]米高速利上げに揺れるメキシコ ─ 1994年通貨危機時とは異なる有事への備え ─
2022年6月28日
[Mizuho RT EXPRESS]日銀は「悪い円安」を是正できない ─ 交易条件の違いが日米の金融政策スタンスを決める ─
2022年6月28日
[Mizuho RT EXPRESS]日本の消費回復はなぜ弱いのか ─ 感染懸念・物価高を受けた中間層の消費抑制が背景 ─
2022年6月24日
[Mizuho RT EXPRESS]険しさ増す米ソフトランディングへの道 ─ 景気後退によるデフレ効果はわずか ─
2022年6月20日
[Mizuho RT EXPRESS]米国株式の下値目途を考える ─ 米長期金利4%到達で1割程度下落の可能性 ─
2022年6月16日
[Mizuho RT EXPRESS]米政策金利は4%を睨むが終着点は見えず ─ 6月FOMCは0.75%利上げ、引き締めは長期化 ─
2022年6月15日
[Mizuho RT EXPRESS]逆イールドが中銀に迫るインフレ退治の覚悟 ─ 80年代初期に似てきた米国の長短金利差 ─
2022年6月14日
[Mizuho RT EXPRESS]3倍速利上げも視野? ─ 米金融政策の引き締め強化と景気後退リスクの高まり ─
2022年6月10日
[Mizuho RT EXPRESS]家計の値上げ許容度は高まっているのか? ─ 「値上げ許容度DI」は低下。家計の節約志向は上昇 ─
2022年6月6日
[Mizuho RT EXPRESS]新しい資本主義・骨太方針をどう見るか? ─ 人への投資の方向性は正しいが力不足。負担の議論は先送り ─
2022年6月3日
[Mizuho RT EXPRESS]政策的逆風下でも米家計の流動性は潤沢 ─ 巨額の現金保有と構造変化を受けた米企業の積極採用が支え ─
2022年6月2日
[Mizuho RT EXPRESS]高インフレに見舞われる欧州経済 ─ ECBはマイナス金利終了に向けた準備を加速 ─
2022年5月30日
[Mizuho RT EXPRESS]中国が追加の景気対策を発表 ─ 真水の規模は小さく、下振れ懸念が残る ─
2022年5月20日
[Mizuho RT EXPRESS]CPI前年比+2%超えの裏に隠れた課題 ─ 家計の「節約志向指数」は上昇、価格転嫁は不十分 ─
2022年5月18日
[Mizuho RT EXPRESS]消費の落ち込みと生産・物流の停滞が鮮明に ─ 経済指標で見る上海ロックダウンの影響 ─
2022年5月10日
[Mizuho RT EXPRESS]焦りを見せる5月FOMC ─ 期待を通じた引き締め前倒しは米物価情勢の深刻さの裏返し ─
2022年5月9日
[Mizuho RT EXPRESS]香港政府トップに李家超氏が就任へ ─ コロナ禍で打撃を受けた経済の立て直しが急務 ─
2022年4月28日
[Mizuho RT EXPRESS]円安はいつまで、どこまで進むのか? ─ 年前半は130円台半ばを試す可能性。年央以降は円安一服へ ─
2022年4月28日
[Mizuho RT EXPRESS]経済制限解除後の消費動向 ─ 行動慎重姿勢と物価高騰が消費回復の重石に ─
2022年4月27日
[Mizuho RT EXPRESS]政府の「総合緊急対策」の評価 ─ 資源高・円安を受けた物価高による家計負担増を緩和 ─
2022年4月22日
[Mizuho RT EXPRESS]日本経済を圧迫する円安と資源高 ─ 円安のデメリットが幅広い企業・家計を直撃する構図に ─
2022年4月19日
[Mizuho RT EXPRESS]2022年中国経済は力強さ欠くスタート ─ インフラ投資等の景気対策が頼みの綱 ─
2022年4月8日
[Mizuho RT Express]穀物インフレが揺るがす新興国 ─ インフレ・外貨不足・政情不安の「複合危機」に要警戒 ─ (PDF/1.13MB)
2022年4月7日
[Mizuho RT Express]「困難な調整」が待ち受ける米国経済 ─ 迅速な引き締めでもインフレ抑制には高い壁 ─ (PDF/431KB)
2022年3月31日
[Mizuho RT Express]東京都は転入の大幅減と転出の大幅増加 ─ コロナ禍の人口移動①:東京一極集中に変化の兆し ─ (PDF/372KB)
2022年3月31日
[Mizuho RT Express]都市中心部への人口集中に変化の兆し ─ コロナ禍の人口移動②:東京都区部は26年ぶりの転出超過 ─ (PDF/468KB)
2022年3月31日
[Mizuho RT Express]東京圏では25~39歳の転入超過が急減 ─ コロナ禍の人口移動③:15歳未満と40~64歳は転出超過 ─ (PDF/365KB)
2022年3月22日
[Mizuho RT Express]ウクライナ危機で生活必需品価格が高騰 ─ 低所得者の生活支援が求められる ─ (PDF/517KB)
2022年3月18日
[Mizuho RT Express]対ロ最恵国待遇「撤回」のインパクト ─ 国際社会の「怒り」を示す政治的メッセージ ─ (PDF/518KB)
2022年2月22日
[Mizuho RT Express]2022年春闘の見通し ─ 賃上げ率は若干高まるも、2%を下回る弱い伸びに ─ (PDF/425KB)
2022年2月18日
[Mizuho RT Express]米国家計を支えるバランスシートの健全性 ─ 金利上昇による景気後退リスクを緩和 ─ (PDF/418KB)
2022年2月9日
[Mizuho RT Express]米国の対日鉄鋼追加関税は関税割当に ─ 「完全解決」に向けた一歩 ─ (PDF/501KB)
2022年2月4日
[Mizuho RT Express]東京の感染ピークアウトは2月前半に ─ 今から緊急事態宣言を発令するメリットは限定的 ─ (PDF/524KB)
2022年1月27日
[Mizuho RT Express]必需品の価格上昇で家計に逆進的な負担発生 ─ 低所得世帯の負担は消費増税2%超に相当するインパクト ─ (PDF/396KB)
2022年1月24日
[Mizuho RT Express]低所得世帯への打撃が大きい物価上昇 ─ 教育費減少で教育格差拡大の懸念 ─ (PDF/410KB)
2022年1月24日
[Mizuho RT Express]日米「経済版2+2」に期待される役割 ─ 日米版TTCと「インド太平洋経済枠組み」の司令塔に ─ (PDF/537KB)
2022年1月21日
[Mizuho RT Express]インドの不良債権比率は中銀予想に反し低下 ─ 背景に機動的な政策と想定を超えるペースの景気回復 ─ (PDF/391KB)
2022年1月14日
[Mizuho RT Express]人手不足に苦しむ米国労働市場 ─ 「現役引退」と「転職活動」が賃金上昇に拍車 ─ (PDF/435KB)
2022年1月5日
[Mizuho RT Express]中南米の左傾化と資源ナショナリズム ─ 軽視できない脱炭素資源の供給不安定化リスク ─ (PDF/459KB)
2021年12月23日
[Mizuho RT Express]2022年米長期金利は2%近傍へ ─ 先行きは景気低迷懸念はく落と利上げ警戒感から上昇を予想 ─ (PDF/380KB)
2021年12月6日
[Mizuho RT Express]オミクロン株拡大で世界経済に何が起こるか ─ 感染性や重症度の想定を踏まえた4つのリスクシナリオ ─ (PDF/712KB)
2021年11月26日
[Mizuho RT Express]2022年アジアの選挙の注目点 ─ 3月韓国は革新・保守対立、5月フィリピンは強権の継承 ─ (PDF/424KB)
2021年11月19日
[Mizuho RT Express]経済対策は過去最大の財政支出規模 ─ GDPを2021年度で+0.3%、2022年度で+1.0%押し上げ ─ (PDF/508KB)
2021年11月19日
[Mizuho RT Express]アジア製造業を脅かす中国の電力不足問題 ─ ふたたび忍び寄るサプライチェーン停滞の懸念 ─ (PDF/406KB)
ページの先頭へ